ブログ理念!Yukiwet の読み方と発音の仕方と由来。あ。ブログにファンができました!

スポンサーリンク

 

おはようございます!Good morning!早上好!Buenos días!안녕!Bonjour!Buongiorno!

チラ裏という言葉はご存知ですか?

あ。当ブログのテーマ「天然パーマ系大学生チラ裏」にも付いているチラ裏です。

もし卑猥なものを思い浮かべていたとしたらそれは間違いですよ。

チラ裏とは一昔前のチラシの裏を指します。略してチラ裏。

念のためですがチラシは新聞と一緒に配達される広告です。

10年くらい前のチラシは表面のみ印刷されているものが多く裏は真っ白でしたので、チラ裏は買い物や書置きのメモなどに利用されていました。

me

私も小学生のころに祖父母の家でチラ裏メモを見たことがあります。

ただ今どきの広告は両面印刷でそもそもチラシの裏はありませんので、チラ裏という言葉は現代っ子には馴染みがないのかもしれません。

私自身チラ裏という呼び方は銀魂を読んで知りました。

「大事なシーンチラ裏ァァァァァ!!」みたいな台詞があって「チラ裏って何?」って思ったことを覚えています。

さっき本棚を確認してきましたが、コミックス42巻の第361訓「漫画という画布に人生という筆で絵を描け」でした。

あ。私銀魂大好きなんですよ。

漫画は全般的に好きなのですが、銀魂は特に好きで 20巻以降からほぼ購読しています。

me

ときどき漫画をディスる方がいますけど、私は漫画も立派な教材だと思っています。

銀魂はただのギャグ漫画ではなく世の中で起きていることをリアルタイムに取り込み、面白おかしく斬っていく風刺漫画でして学ぶことが多いです。

作者の空知英秋先生はかなりの努力家であり勉強家です。

漫画を読む度いつも、様々な分野にまたがって幅広く学んでらっしゃるなという印象を受けます。

me

ストーリーの構成や登場人物の台詞が深いなと。でギャグも秀逸。

漫画には「読者とふれ合う質問コーナー」もあるのですが、読者の割と深刻な悩みに対しても的確で人生の教訓になるお話をされていて感動します。震えます。

ということでみんな!銀魂は文字が多くて読み飛ばされることで有名だけど読んだ方がいいよ。

それと世の保護者のみなさま、お子様が銀魂を読んでいる場合に限り大目にみてあげてください。

お子さんは今生きた学びをしているのですよ。

ちなみに最新刊は72巻です。私はまだ買っていないのでこれからポチります。それと 73巻は6月4日に発売予定らしい。

 

でこれ何の話をしてたんだっけ?そうチラ裏。

話がかなり脱線してしましましたが、チラ裏の意味が分かっていただけたかと思います。

チラシの裏なら思い切り何でも書けると思います。特に考えずに気軽にメモできると思います。

字が汚いとかまとまりがないとかそういう類いの心配は抜かして。

でもそういうメモって自分がリアルタイムに思ったことを余計な飾り気なしに書き殴ったもので本音なので意外と重要で役に立つ場面が多いです。

当ブログもそういう立ち位置のチラ裏を目指しています。

無くても良いけどあると超便利みたいな。

例えるならば、ジャムの瓶の蓋が開かなくなったとき手に付けるゴム手袋みたいな。

ゴム手を付けると瓶の蓋なんて瞬殺ですから。

そういう願いを込めて「天然パーマ系大学生チラ裏」というブログテーマにいたしました。

 

でここまでダラダラお話してきましたが今日の本題はここから。お?

これ何て読むと思いますか?

me
これ「ウェット」と読みます。

あ。興味のない話ですよね。わかります。

そうだと思って読み方に関してはブログで全く触れませんでしたが、最近私のブログの熱狂的なファンの方からお問い合わせをいただきました。

「一体何て読むんだ」と。

me

はい。「ウェット」と読みます。「Yuki」は発音しません。

英単語の中には語頭の特定のアルファベットを発音しない単語が多数あります。

例えば

  • 「h」の場合 > honor (名誉) / hour (時間) / honest (正直な)
  • 「k」の場合 > knee (膝) / knot (結び目) / know (知る) / knight (騎士)
  • 「p」の場合 > psychology (心理学) / pychokinesis (念力)

などがあります。

me

私がこの中で気に入っている単語は「knight」です。つまり「騎士」です。

さてここで質問です。「knight」から「k」を取ると何になりますか?

答えは「night」。

つまり「夜」になります。

 

時は中世ヨーロッパ、近代以降から普及する街灯などはなく、一度日が沈めば街は暗闇に包み込まれます。

辺りを照らす唯一の道具はローソク。

微かな光を手元に夜街を歩くのは心もとなく、町人達は盗賊に怯え外出を控えていたそうな。

そんな城下町を守っていたのが他ならない勇敢な騎士たちでした。

「knight」という単語は確かに「k」を発音しません。

しかし「Kishi」がそばに居てくれなければ町人達は「night」に恐怖し不自由な生活を強いられます。

「K」が先頭に立っているからこそ暗闇の「night」も怖くなくなるのです。

私 Yuk! もそんな「K」のように頼りがいのある存在になりたいと願い「Yuki」を発音しない接頭語として採用しました。

気障でしょ?うざいでしょ?

じゃ wet は?

me

一応「wet」にも意味があります。

Wavy Entropic Thunder の頭文字を取って wet です。

  • Wavy > 超絶カッコイイ (スラング) / ウェーブのかかった
  • Entropic > 平均情報量 (エントロピー)
  • Thunder > サンダー / 雷鳴

Wavy の辞書的意味は「ウェーブのかかった / 波状の」ですがこれは私の天パを意味しています。

同時にスラングの「超イケてる」といった意味合いも含まれています。

Entropic は情報理論の平均情報量を意味する Entropy の形容詞です。

平均情報量は情報源の平均的な不確かさを表す量です。

me

情報源から得られる1記号あたりの情報量を、各記号の自己情報量を平均した値で定義します。

 

 

最後の Thunder は普通にサンダーで稲妻です。

以上より直訳すると「超絶イケてるエントロピーのサンダー」ということです。

つまりは「斬新で情報量の大きいチラ裏をゲリラ的にお届けします」って具合です。

WAVY でしょ?

me

wet (=湿気) は天パの大敵で弱点でもありますが。。。

梅雨時は髪の毛くりんくりん。

 

ということで今回はブログ Yukiwet 創設の秘話をお届けしました。

もう1度まとめておくと、Yukiwet の 「Yuki」は発音しない接頭語で「ウェット」と読んで「Yuki」は中世ヨーロッパの騎士みたいに頼りがいのある男だということです。

そういうことで今後も Yukiwet と銀魂をよろしくお願いいたします!

質問してくれた方、本当にありがとうございました。

皆様からのご質問・ご感想随時お待ちしております。

では 안녕!

スポンサーリンク


ABOUT ME!

yuk!

国立大学情報学科に通う大学生です。天然パーマと戦いながらすーぱーエンジニアを目指し技術とセンスを磨いています。 室内に引きこもりがちでヘビメタと猫と甘いものが救いのキーボードカチャカチャ生活ですが、最近はブログで文章を書くことが楽しいです。モットーは「 Who dares wins. = 人生是一箇,活殺全在我。」好きな言葉は「マジ卍」。