ブログ用の名刺を作りました!意識他界系の大学生は皆名刺持ってるよ?大学生の名刺の作り方!

スポンサーリンク

 

こんばんは!Good evening!晚上好!안녕하세요!Buenas tardes!Добрый вечер!

今学期は専門科目に加えてベンチャービジネスの理念を学ぶ特殊専門科目の授業を受けています。

授業には毎週異なる有名ベンチャー企業の経営者さんが講師としていらっしゃいます。

失敗談や成功談を通して起業するためのノウハウや会社を経営する術などを教えてくださる貴重な時間であり神授業です。

これまでに受講したどの授業よりも強い刺激を受け、えげつないモチベーションアップを図ることができます。

有名企業の社長さんがビジネスの最前線で感じた重要な気づきや裏事情などをざっくばらんにお話ししてくれるため、本当に興味深く即戦力となる生きた学びになります。

一週間のなかで最も楽しみな授業です。

開講してからまだ2回しか授業が行われていませんが、私は既に変わりました。

me

行動力!これこそがこの時代を生き抜く力!

自分はこれまでなんてフットワークが重かったのだろう。

経営者のギラギラした情熱的な生の声を聴いて目が覚めました。

私は良い意味で人の影響を受けやすいので。

 

名刺作りました

ということでひとまず名刺を作りました。調子に乗って勢いで作りました。

というのもこれから授業で出会う経営者様や社長様と繋がりたいく、はじめの一歩として名刺交換をさせていただこうと考えました。

授業でお話してくださるどの社長さんも連絡を取れば名刺をくださるそうですが、ただ一方的に名刺をいただくだけでは爪痕を残すことが出来ません。

相手の印象に全く残らない一般的な学生になってしまいます。

私はそれが嫌です。

そこで私自身の名刺を作ってこちらも失礼ながら社長様にお渡していこうと思います。

たしかに、学生の分際で名刺を持って社会人と名刺交換をすると相手に違和感や良くない印象を与えたり「ふざけているのか?」といった思いをさせたりしてしまうといった意見もありますが私は持ちます。名刺。

me

というか今どきの意識他界系の大学生はみんな自分の名刺持ってますよ?

実際に都内のプログラミングの勉強会などで会う学生さんはみんな自身の名刺を持っていました。

また今週のベンチャービジネス論の授業の講師をしてくださった経営者の方は、むしろ名刺を持っている学生はそれだけで自分をアピールする力が優れていると感じると言っていました。

 

肩書きはどうする?

ただ大学生がいざ自分の名刺を作ろうと思って困るのは肩書きではないでしょうか。

私も一昨日名刺のデザインを考え始めたときに肩書きで困惑しました。

まだプログラマでも SE でもないし何か大きな業績を成し遂げたわけでもない。

何を書けばいいのか。。。

私には Yukiwet がありました。ブログ。

私はこれでもメディアの創設者であり管理人であり独自ドメインを持つサイト、すなわち一城の主であるのです。

という訳で私はブログ Yukiwet の創設者でありコンピューターサイエンスを学ぶ大学生ブロガーとしての肩書きの名刺を作りました。

大袈裟ですが。

me

元々ブログ用の名刺はプログラミングの勉強会や学生ブロガーの集まりで名刺交換をするために作成しようと思っていたのでちょうど良い機会になりました。

たとえ皆さんがブログや何らかのメディアを持っていなくとも、

自分が特に力をいれていることを前面に出してそれを名刺の肩書きとしてアピールすればよいと思います。

たとえば私の友人を例にとって考えると、

「私はコンピュータサイエンスを学ぶ大学生です。好きなプログラミング言語は Java / Python / PHP です。ジャズ研究会に所属していてサックスを担当しています。」とかね。

将来的に必ず名刺を作ることになると思いますので、時間がある学生のうちに名刺作りを経験しておくと良いと思います。

何事も経験。

 

どうやって作る?

さてそれでは名刺を作りましょう。

名刺の作り方には主に3通りあります。私が知る限り。

  1. 知り合いのデザイナーに依頼する
  2. Excel や Word などで作成して印刷する
  3. vistaprintで作成する

 

 

デザイナーさんに依頼する

お金と時間がかかりますが、理想的でハイクオリティの名刺を作ることができます。

私の友人でデザイナーさんに依頼して名刺を作っていただいた学生がいます。

彼曰く、理想のデザインをデザイナーさんに正確に伝えなければ食い違いのラグが生じて時間が掛かってしまう場合があるが完成品は非常にクオリティが高いとのこと。

価格はピンキリでバラつきがありますが平均的に1万円くらいはかかるかと。

あ。知り合いのデザイナーさんがいればある程度安くしてもらえるかもしれません。

 

Excel や Word などで作成して印刷する

Excel や Word のテンプレートを利用して名刺をデザインすることができます。

Google で作り方を検索していただければ参考ページがいくつもヒットすると思います。

作成したデザインは専用のプリント用紙に印刷します。

名刺専用の印刷紙としてはエーワンさんのマルチカードが有名です。

 

 

紹介しておいて言うのも恐縮なのですが、名刺を始めて作成する人にはこの作成方法はおすすめしません。

デザインを考える面で行き詰ったり規格を調整したりと面倒な事が多いので Excel や Word などの扱いに慣れている方にお勧めする方法です。

使用するプリンタやインクによってもクオリティ面で見劣りする名刺になってしまいます。

私も始めは Excel で名刺を作ろうと思いエーワンさんの印刷用紙も購入したのですが完成品のクオリティを考え作成途中で断念しました。

そこで利用させていただいたのが vistaprint さんです。

 

vistaprintで作成する

vistaprint さんはネット印刷通販を行っているサイトです。

  • 名刺
  • ハガキ
  • フォトブック
  • チラシ
  • 招待状や案内状
  • アパレル・服飾雑貨

などの印刷と作成を行ってくれるサービスを展開しています。

今回私はこの vistaprint さんのサービスを利用して名刺を作成しました。

私の名刺の作成方法の詳細に関しては別の記事で紹介させていただきますが今回は簡単に説明しようと思います。

 

まず vistaprint で作成できる名刺には2種類あります。

  • プレミアム名刺 > 基本料金 980円 (100枚)
  • 厚盛りDECO名刺 > 基本料金 1,980円 (100枚)

 

編集・作成方法は主に3つあります。

  1. テンプレートから選ぶ > 無料テンプレートの中から好みのデザインを選択する
  2. ロゴを使用して作成する > 自作ロゴをアップロードしてレイアウトを選び編集する
  3. デザインデータを入稿 > ロゴや画像などの自作データをアップロードして編集する

私は 3 番の「デザインデータを入稿」する方法で作成しました。

me

私があらかじめ用意したデータは以下の2点です。

  • Yukiwet のロゴ画像
  • 座右の銘をモチーフにしたバーコード画像

その他名刺に記述した情報は vistaprint 上の編集画面にある「テキスト」を利用して配置しました。

編集画面は直観的で分かりやすいインターフェースですので誰でも簡単に理想の名刺を作成できると思います。

編集したデザインも正確にそのまま反映されますので細かく微調整することもできます。

me

私はある程度のお洒落感をもつ超シンプルなデザインが好きなので名刺もそういう仕様にしました。

実物の印刷具合も予想以上に綺麗な仕上がりで紙質も高級感がありとても満足しています。

何というか触ったことのないスベスベ感のある艶やかな紙で程よい光沢もあります。

名刺が誇らしくて相手に渡すのが楽しみになるレベル。

me

実物はこちらです。

表です。

 

裏です。

 

総額費用

名刺は「プレミアム名刺」で、注文した名刺数量は100枚です。

  1. プレミアム名刺 本体価格 > 980円
  2. 裏面白黒印刷オプション > 390円
  3. エクスプレス出荷オプション > 800円
  4. 消費税 > 173円

合計 2,343円

通常配送料金は 4 ~ 6 営業日の配送で 500 円です。

エクスプレス出荷の場合は翌営業日出荷の配送で 800円です。

me

私は早急に名刺が必要でしたのでエクスプレス出荷のオプションで配送していただきました。

詳しい配送情報は vistaprint のお客様サポートのページに掲載されています。

 

以上、3つの名刺作成方法をすごく簡単にご紹介しました。

お好きな方法でお試しください。

学生間のみで使用する名刺であっても構わないと個人的には思いますので、ぜひ1度おままごと感覚で作ってみてはいかがでしょうか?

私はさっそく友人や学習会関係者などに配っていこうと思います。

というか今日さっそく8枚ほど渡してみたので残り92 枚です。

 

今週のベンチャー企業の社長さん曰く、1日に最低3人の新しい人物と知り合う事を心がけよ

色々な人と巡り合い新しい価値観や気づきを得ることでチャンスや可能性が広がっていくらしいです。

これって凄く難しいことだと思いますが、可能な限り実践していこうかと思います。

名刺がなくなったらまた vistaprint さんのお世話になります。

 

あ。調子に乗りまくってちょっと高めの名刺ケースも Amazon で購入しました。

遊戯王カードみたいにプラスチックのケースに入れて持ち歩くのもアレなので。

 

あ。今後私と直接お会いした方には恐らくこの名刺をお渡しすると思いますので、

その際は「あっ。コイツが Yukiwet の管理人か。」とでも思っていただけたら幸いです。

それでは Adios !

スポンサーリンク


ABOUT ME!

yuk!

国立大学情報学科に通う大学生です。天然パーマと戦いながらすーぱーエンジニアを目指し技術とセンスを磨いています。 室内に引きこもりがちでヘビメタと猫と甘いものが救いのキーボードカチャカチャ生活ですが、最近はブログで文章を書くことが楽しいです。モットーは「 Who dares wins. = 人生是一箇,活殺全在我。」好きな言葉は「マジ卍」。