真実のみを記述する会、暗黒通信団 。友達へのプレゼントにどうぞ。控えめに言っても最適。

スポンサーリンク

 

こんにちは!HELLO!您好!привет там ! 안녕하세요 !Hola !

大学の春休みもそろそろ折り返し地点。

楽しい時間はあっという間。

正直、残念な気持ちと帰省したみんなにまた会えるから嬉しいという気持ちが半々です。

とりあえず残り1か月の春休みを満喫しまくろうと思います。

今日は久しぶりに普段はあまり行かないハイカラなモールへ買い物に行きました。

 

新しいイケイケな服でも買って遅れてきた大学生デビューでもしようかと思ってブラブラしに行ったのですがどこも春休みのようで人があり得んくらい溢れかえってます。

もはや人を見に来たんじゃねーかくらいの盛り上がりで自由にブラブラできませんでした。

ただ、すれ違う綺麗なお姉さんなんかにほぼ合法的にスリスリできたのは嬉しかった。

香水のいい匂い。

 

そんなこんなで施設内のどこへ行っても人・人・人だったので次第に目がチカチカしてきます。

イケイケな音楽も割と爆音でかかっていたのでクラクラし始める始末。

 

とりあえず安息の地へ避難しようと思い5Fの本屋さんへダッシュ!

 

さっきまでの都会の喧しさとはうって変わり、まるで異空間。

むしろ静かすぎるほど。

 

とりあえず漫画コーナーへ行って、まだ買っていなかった銀魂71巻を入手しました。

その後は春休み明けにどんな髪色で大学に登場しようか思案するために雑誌コーナーへ行ってしばらく立ち読み。

迷惑な客。

 

赤に決定。

勢いでピアスでも開けようかと思いその種の雑誌コーナーへ。

だけどピアス開けるのはすごく痛そうっだから却下。

 

 

突然

「数学がやりてえ」

そんな気分になりました。

 

僕は浪人時代によく本屋さんに寄って参考書をひたすら眺めるのが好きだったので、

「今ってどんな感じの参考書が流行りなのかな」みたいな軽い気持ちで大学受験の参考書コーナーへ向かいました。

で、とりあえず数学の問題をチェック。

次にチェックしたのは匂い

参考書の匂い。

僕はこの匂いがすごく好きで、そういう理由もあってでつい買ってしまう。

 

大学受験用の参考書は家にたくさんあります。

図書館かよってレベルであります。クローゼットの4分の1位を占領中。漫画よりも多い。

 

そんなこんなで久しぶりに色々な参考書を眺めて満足したのでそろそろ下の階に戻ってお姉さんの香水の匂いでも堪能しようかと思った瞬間でした。

 

What the fuck !?

異臭を辺りに放ちまくる存在感のある本を発見。

それがこれ。

p

素数表

150000個

「真実のみを記述する会」

暗黒通信団

 

何つう本なんだ!?

そのパワーワードとインパクトと不思議な魅力に招き寄せられました。

 

価格、357円。

瞬時にレジへ向かいます。

買います。

直帰。

 

で中身がこれ。


全部これ。全ページこれ。52ページ全部これ。

流石に笑いますた。

2から2015177までの総数15万個の素数が詰め込まれています。

 

率直にヤベー。

控えめに言ってもヤバい。

 

久しぶりに基地外を見た感覚。

 

  1. 学べること:素数いっぱいある
  2. 用途:目をいっぱいチカチカさせる

 

一番良かったのは末巻ページの著者自身のコメント。

いや、血迷ってるでしょ?

いや、買っちゃいましたけどね。

というか著作権の放棄を明言する書籍は初めて見た。

 

ただこの本は素数が記載されているだけで本当に役に立たないかといったらそうでもなく、

本の冒頭にはC言語で書かれた素数取得のソースコードが書かれています。

僕らプログラマの卵にとってはなかなか興味深い。

こんな実装方法もあるのかぁ。。。。ま、と、当然知ってましたけどね?


簡単にコメントするとこんな感じ?

 

ただ自分のコンピュータで実行するのに15万個も素数を出力させるのは流石にまずいと思ったので素数を探索する範囲は100までとしました。

参考までに同じ本が欲しいという変態さんのために以下にリンクを。

 

 

それと素数に関するプログラミングメモを貼っておきます。

割とよく使う素数判定のアルゴリズムです。

C++で素数判定のプログラムを実装する

2017.10.30

 

ちなみに Amazon でこの本を検索した際に気が付いたのですがこの本の「π」版もあるみたいです。

 

まあ何となく想像はつきますが安かったので僕はポチリました。

今日買った素数の本とπの本を数学が好きな弟にプレゼントしようと思います。

ま、プレゼントというか単なる嫌がらせになるかもしれませんけど。

 

ということで暗黒通信団に影響を受けた僕は春休み明けの大学に赤か金髪で登場するかもしれませんがドン引きは無しでお願いします。

全部暗黒通信団のせいなんでほんとに。

ではまた!

スポンサーリンク


ABOUT ME

yuk!

国立大学情報学科に通う大学生です。天然パーマと戦いながらすーぱーエンジニアを目指し技術とセンスを磨いています。 室内に引きこもりがちでヘビメタと猫と甘いものが救いのキーボードカチャカチャ生活ですが、最近はブログで文章を書くことが楽しいです。モットーは「 Who dares wins. = 人生是一箇,活殺全在我。」好きな言葉は「マジ卍」。