中二病全開の英語小論文を書く!自由英作文のおすすめ参考書

スポンサーリンク

 

こんにちは!HELLO!您好!привет там ! 안녕하세요 !Hola !

何だか無性にポエムを書きたくなることってないですか。

 

ないですか?

 

僕は中二病が定期的に発症する持病を持ち合わせております。

というか基本的に中二精神。

 

今まさにとってもポエミーな気分です。

 

相田みつをさんが僕のところに舞い降りて来ました。降臨しました。

自分にはわかります。

こういう事ってときどきありますよね?

 

「ないですか?」

 

ただ、その思いのたけを日本語で書くとどこか気恥ずかしく、その文章が黒歴史になってしまいます。

でもこの想いを形として、文章に残したい!

 

 

「書きたいんじゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

 

 

ということで、ちょうど大学の「English 何ちゃら Writing」の講義で提出する英語小論文にこの想いをぶつけ、

この場をお借りして書いていこうと思います。

 

学生

って、おいーーっっ!ちょちょ待てよ!それは一体誰得なんだよぉ!?

学生

あんたなんかに付き合ってる暇は無いんだからね?

こっちは忙しいんだからあっ。

 

 

/* 〇ャパネット〇かたモード */

「そう思いますよね?」

「でも皆さんちょっと待ってください!」

「うちのこの商品、ゼッタイに損はさせませんよぉぉぉぉぉ!」

「この小論文、な・ん・と」

  1.  短時間で読み切れる
  2.  ちょっとした英語の勉強になる
  3.  学習視野を広げる考え方を身につけられる
  4.  スティーブ・ジョブズが好きになる

「こ~~れだけの機能がついていて、今ならなんとぉ………….

19,800えぇぇぇぇぇーーーーーん

「お安いでしょ?」

「ぜひご検討下さぁぁぁぁぁーーーい $$$$$$$$$」

/* END OF 〇ャパネット〇かたモード */

 

てな具合ですよ。笑

 

まじめな話、意外と同じ学生が書く英語の文章を読む機会は少ないと思います。

僕は他の学生がどんな英文を書いているのか気になりますし、すごく興味があります。

読ませてもらうことも結構あります。

 

僕は単語力も文法力も文章力も乏しいため、どうしても単調な文章になり困っています。

「YOU の文章は小学生が書いたような稚拙な英文だね。LOL」とイギリス人教師に笑われたことがあるレベルです。←

ですので反面教師的な僕の英語小論文を読みながら、「ここスペル間違えてるな」、「ここの文法間違ってるな」、「変な表現だな」などなど粗探しをするつもりで読んでいただくと良いかもしれません。

アブノーマルな読み方ですが、ある意味勉強になるのではないでしょうか???

家庭教師をやっている教え子にもこの黒歴史確定小論を読んでもらおうと思っています。

 

 

単語・文法誤りなどを発見した際には、ぜひ笑ってくださいな。

興味がある方はどうぞ。

 

Life is cut once

 

Do you have any good ideas of how to live? This is one of the difficult questions which anyone must have thought about at least one time. Some people might say that I know what human life is or how to survive human life, and other people might say that I don’t know why we live and just live a busy life. Although there are many kinds of people who have their own individual opinions for life, I think most people, especially young people don’t have and seek methodology which leads us to a successful and happy life. From now, I would like to explore and consider how to spend our life well in terms of human spirits. Generally speaking, young people are short of experience to get lessons on life. So we should learn such hints from predecessors.

In 1999, professor, John D. Krumboltz majoring in psychology at Stanford University proposed “Planned Happenstance Theory”. In his theory it is believed that an individual’s career is decided by 80% unexpected events or chance encounters. And then we can make the most of such happenings by our efforts or independence and obtain corresponding force. In addition, we can create opportunities which let us imagine our career in the future by trying aggressively and intentionally to make the unexpected events or chance encounters. In order to create such happenings, Krumboltz advocated five skills : Curiosity, Persistence, Flexibility, Optimism, and Risk taking. Each skills means as follows.

  1. Curiosity ― Looking for opportunities to study new things.
  2. Persistence ― Keep striving without giving in.
  3. Flexibility ― Giving up sticking to something and changing our belief, concept, and attitude.
  4. Optimism ― Being positive and thinking “I can do it”.
  5. Risk taking ― Not being afraid of failure.

With these five skills, we can create chances and enjoy dealing with troubles, I think.

Of course, you know Steve Jobs, don’t you? He was an American information technology entrepreneur and inventor, and was the co-founder, chairman, and chief executive officer of Apple. Actually, he is one of the famous people who put Krumboltz’s theory into practice. According to his biography, he kept taking action without being afraid of failure and learned from such failures. He thought trial and error is essential to progress. He was not only a genius but also a positive. This is his saying, “You cannot connect the dots looking forward; you can only connect them looking backward. So you have to trust the dots will somehow connect in your future.” I think we should cherish what we know well, what we learned hard, and what we are interested in, even though we cannot be certain that what we do now will be useful in our career or in something in the future. I believe what I am trying hard today will continuously connect, connect, connect, and connect good chance and lead me to great future !!

Do you live with a motto? A Motto has much influence on our fundamental behavior and attitude. When you face some difficult problem or reluctant to do your tasks, your motto you believe in will give you power and help you struggle. As for me, I keep in mind a motto, “Who dares wins”. It means only those who take risks win. The special force of British army, SAS (Special Air Service) holds up this motto. When I am unable to make a decision, “Who dares wins” always presses my back. So I can challenge myself to new fields. What do you say to finding out your motto?

Is the grass on the other side always greener? If you are to be much happier, you should never compare yourself with other people. Is it meaningful for us to compare our life? We have our own original life. And don’t look back in disappointment, anger, and sadness. There are lots of great opportunities in the future. We can make life whatever we hope. Therefore we should concentrate on what we devote ourselves to.

“人生是一箇、活殺全在我”― we only have one life to live, and so whether or not we make use of lifetime depends on us. Thus far I explored some hints of life: “Planned Happenstance Theory”, Steve Jobs’ career approach, the importance of motto, and originality of life. I think all of these have human thoughts and heart in common. After all success or happiness are up to the way of our thinking. I would say to people who assume themselves to be unlucky that “Change your mind!!”. I don’t want absolutely to regret. So I keep trying to be positive, believe in myself, and get success and happiness!! Life is cut once, who dares wins !!

 

 

どうですか?

たった今、1人の人間の黒歴史が作られる様をみなさんは目撃しました。

 

ただ、黒歴史。

もってる人ほど人生が豊かに見えるのは僕だけでしょうか?

 

ということで自分の心にたまった中二的格言はぜひ英語小論なんかにぶつけましょう。笑

僕がいつも英語の文章を書く際に参考にしている書籍を紹介しておきます。

 

自由英作文のおすすめ参考書

 

浪人時代に英語の自由英作文の練習をするために何冊か使っていたのですが、

これから紹介する2冊が個人的に一番良かったです。

現在も大学で英語の文章を書く際に使っています。

 

自由英作文編 英作文のトレーニング

Z会出版の有名な参考書です。

文章全体の構成方法やパラグラフの組み立て方など自由英作文を書くためには必須の前提知識を抑えることができます。

この本に書かれている文章の書き方を理解し練習して慣れてしまえば型にはめることでスラスラ書けるようになります。

特にディスコースマーカー集や暗記例文が記載された別冊付録が今でも重宝しています。

※ 改訂版にも付録されているかは不明です。

 

実践編 英作文のトレーニング

これまた Z会出版の有名な問題集です。

ただし上記で紹介した参考書より難易度は高いです。

与えられた日本語の文章を英語で表現する問題とその解答例を通して自由英作文を学ぶ問題集です。

問題は標準編45問、上級編20問、自由英作文編5問で構成されています。

正直難しいですが、一通り勉強するとかなり書けるようになります。

 

ちなみに改訂版はこちらです。

 

興味がある方は参考にしてください!
ということで、たまには青臭いことを言うのもなかなか面白いの回はこれにて。

スポンサーリンク


ABOUT ME!

yuk!

国立大学情報学科に通う大学生です。天然パーマと戦いながらすーぱーエンジニアを目指し技術とセンスを磨いています。 室内に引きこもりがちでヘビメタと猫と甘いものが救いのキーボードカチャカチャ生活ですが、最近はブログで文章を書くことが楽しいです。モットーは「 Who dares wins. = 人生是一箇,活殺全在我。」好きな言葉は「マジ卍」。