モテるメンズが何故モテるのかその理由が垣間見えた瞬間だった話。

スポンサーリンク

 

こんばんは!Good evening!晚上好!안녕하세요!Buenas tardes!Добрый вечер!

7月に中国の某一流大学に留学に行くことになりました。

詳しい話は後日お話ししようと思っていますが、とりあえず無茶苦茶楽しみです。

僕は今年学部3年生になったばかりで研究室にまだ配属されていないのですが、うちの大学のとある研究室のお付きとして連れて行ってもらえることになりました。

何と言ってもメンバが良過ぎる。

うちの学年からは気の合う2人。で研究室のメンバには前から話をしたかった女子の先輩と男子の先輩。

この留学を通して交流を深め仲良くさせていただき色々話をお聞きしたいです。ぜひ。

 

出国まであと3か月程あります。

それまでに挨拶程度の中国語の復習と Python の勉強をもっと深めておこうと思います。

中国では Python を使う学生さんが多く Python が書けるとウケがよく話が盛り上がって仲良くなれます。

前回別の大学へ留学に行った際は Python を書いたことがなかったので深い話は出来ませんでした。

あ。中国に関しては挨拶程度で全然大丈夫です。

中国では日本語を熱心に勉強している学生が多く日本人と直接日本語で会話したいようで頻繁に日本語で話しかけられます。

日本語を話さない方もいますが、その場合は英語で会話できますので心配は要りません。

というか中国は英語教育が日本よりもずっと進んでいて英語を話すのは基本らしいです。

ですがネイティブでくプレインイングリッシュを話されるので個人的には聞き取り易く話しやすいです。

 

中国留学の話が盛り上がってしまいましたが今日のテーマは無駄話小話

無駄話小話タグにて日常の中で思ったことやら気付いたことやらを吐き出していこうかと。

何気ない1日の中でふと思ったり感じたりしたことが実は凄く大事なことですので。経験上。

忙殺的日常を送っている人は特に。

でも今日は本当にただの無駄話。#1 です。

 

モテるメンズが何故モテるのかが垣間見えた瞬間

 

一昨日の話。

昨日は夕方くらいから雨が降ってましたね。久しぶりに。

僕は午前中の授業を終えて友人と昼食をとった後に学科お抱えの計算機室に籠り通していたので、

夕方帰るときに初めて外に出て雨が降っていることに気が付きました。

大学までロードバイクで通っているのですが、仕方がないので帰りは電車で帰ることにしました。

最寄り駅に向かって歩き始めると、ものの数分で雨脚は強くなってきました。

 

駅前の交差点で信号待ちをしている時でした。

横断歩道の反対側に女子高生が歩いてきました。

傘を持っていないようでした。

「ありゃ。こんなに雨降ってるのにかわいそうだなぁ。大丈夫かな。」

そう思いながらただただ見守っていました。

でよくよく見ると凄く綺麗な子。雨も滴るいい女。あ。変態ではないです。

 

信号待ちをしているのは僕とその子だけ。

まじまじと見るのも流石にまずいので傘で自分の顔をいい感じに隠しながら傍観していました。

にしても気の毒だな。家が近ければいいけど。風邪引くなよ。

 

信号があと少しで変わるタイミングでした。

傘を差したニヤニヤした男が現れました。女の子の隣に立っています。

あ。ヤバい奴来ちゃったかな。ん?

一瞬本当に分からなかったのですが普通に友人でした。昼ごはんを一緒に食べた。

僕に気が付いてニヤニヤしていたようです。

友人も駅に向かう途中で僕に気が付いて反対側で僕を待ってくれたらしい。

 

信号が青に変わった瞬間でした。

友人は突然女子高生に話しかけました。

「こんばんは。これ。僕の傘を使ってください。僕はあの友人の傘に入るので。」

僕を指さしながら言いました。

「あ。ありがとうございます。」

寒さで強張らせていた顔をやわらげ、女子高生は笑顔で応えました。

心なしか女の子の顔が赤くなっていたような気も。

 

か、かっこいい。心の底からそう思いました。

久しぶりに震えましたね。で男に惚れそうになったのはこれが初めてでした。

本当にいるんだなぁこういう人。感心過ぎる。これが本当の男なんだなと。

漫画や映画などでよく男性が雨に打たれる女性を気遣って傘を渡したり何らかのアクションを起こすシーンをよく見ますが、現実で見たのは初めてでした。

渡し方も超自然体でスマートだったので突然話しかけたにも関わらずその女の子はそれほど驚いていませんでした。

見ず知らずの女の子に傘を渡すのって恥ずかしいし勇気もいる行動なので普通じゃできないと思います。

僕だったら「となりのトトロ」のカンタみたいに「ん!ん!」とか言ってぶっきらぼうに傘を渡すのが限界で、ビックリされて警察に通報されるのがオチなのに。

 

話は変わりますがこの友人(以下カンタ)はですね。凄くモテるんですよ。

女の子と縁のない僕だから思うことかもしれませんが傍から見てると本当に女の子にモテる。

カンタとは結構一緒に行動するのですが、学年や学部を問わず色々な女の子に話しかけられるんですよ。

基本的に毎日、Anywhere。しかもかわいい子ばっかり。

羨ましい限りでマジかこいつ。HA?と思ってしまうことが頻繁にあるのですが、ここは素直にカンタがモテる秘訣を分析して見習うと思います。

 

バファリンの半分が優しさでできているのと同じ

カンタね。とにかく優しい。で相手を思いやる気持ちが深い。

「こういう事言われたら相手は傷つくだろうな」とか「相手はこういう事を言ってもらいたいんだろうな」っていうのを常に考えているので話をしていると自然と和んで何だか楽しい気持ちになります。

常識的な程よい大人な対応と礼儀もわきまえていて、話をするときは常ににこにこしながら口調も柔らかいです。

ときどき女子に対してだけそういう対応をするいけ好かない感じのメンズもいますが、

カンタの場合はどんな人に対しても同様に接しています。

人当たりが凄く良いなぁと毎度感心させられます。

バファリンの半分が優しさでできているのと同じようにカンタも半分優しさでできているんだなと。

 

トークが上手い

基本的に話が面白いです。

大学受験に失敗したら吉本興業に入って芸人を目指していたと言っているレベルですので、

トークの流れや構成がしっかりあってリアクションや話し方からしてそもそも面白いのでずっと話を聞きたくなります。

真面目な話し合いの際には中心になって話を回してくれるので結構頼りになってます。

飲み会の際もトークを回せるので彼が参加するか否かで盛り上がり度が変わります。

場の雰囲気をも変えてしまうユーモアの高さってもはや才能だなと。

原作のカンタはどこかツンデレというかぶっきらぼうな所がありますが、こっちのカンタは全然違うぞと。

こっちのカンタはハイスペックやぞと。

「お前んちお化け屋敷」とかいうその手の暴言は滅多にないぞと。いったそんな具合です。

 

自分から積極的に話しかけている

基本相手の方から話かけられていますが、逆に彼自身の方からも積極的に声をかけています。

学食や教室、広場などで知り合いに会った際には遠くにいたとしても自分から近づいて話しかけています。

普通だったら面倒なのでただ通り過ぎてしまうような場合でも何かしろの挨拶をしています。

どんなに些細なことでも話しかけられれば嬉しいですよね。

それを理解して話しかけているのか否かは別として本当に凄いなといつも感心しています。

単純にコミュニケーション能力が高いこともありますが気さくで陽気だなと。

彼なら一流の営業マンに慣れるんじゃないかと。

 

ということで彼が大学の女子から異常にモテる理由を考えた結果、主に以上3点の要素が浮かび上がってきました。

彼は身長 178 cm と高身長で普通にハンサムであることもありますが、

やっぱり性格やその人の内面が大切なんだなと痛切に感じた今日この頃でした。

僕も彼みたいに困っている女の子がいたらそっとさりげなく手を貸すことができる英国男子風ジェントルマンを目指そうと思います。

あ。ちなみに彼は僕と同じ学科の3年生で一緒に留学に行く2人のうちの1人です。

なので中国でもさぞかしモテるのではないかと。

 

それでは男子の皆様方、今後雨の日は傘2本持ちでスタンバイすることをお勧めします。

Adios!

スポンサーリンク


ABOUT ME!

yuk!

国立大学情報学科に通う大学生です。天然パーマと戦いながらすーぱーエンジニアを目指し技術とセンスを磨いています。 室内に引きこもりがちでヘビメタと猫と甘いものが救いのキーボードカチャカチャ生活ですが、最近はブログで文章を書くことが楽しいです。モットーは「 Who dares wins. = 人生是一箇,活殺全在我。」好きな言葉は「マジ卍」。