Atom に 一括インデント のショートカットを作る

スポンサーリンク

 

こんにちは!HELLO!您好!привет там ! 안녕하세요 !Hola !

僕はテキストエディタ「Atom」を使い始めてまだ日が浅くパッケージを5つインストールした程度で、ほとんどデフォルト状態のAtomでコードを書いています。

Atom はプライベート用PCで利用して大学ではEmacsを使ってコーディングしています。

Emacsを使うときは習慣で保存前に必ずインデントの崩れをキーバインドを使って一括で直しています。

たとえ崩れていなくとも。

あ。キーバインドはショートカットのことです。

 

Atomでは【Edit】>【Lines】>【Auto Indent】のGUI操作によりインデントを一括整形します。

 

これは面倒だと思ったので「Auto Indent」にキーバインドを割り当てました。

可能であれば【Ctrl】+【A】で全範囲を選択した後にそのまま整形できると楽だと考えて【Ctrl】+【Q】に割り当てます。

【Settings】>【Keybindings】から【Ctrl】+【Q】に既に他のキーバインドが割り当てられていないか調べてみると何もなかったため、そこに割り当てました。

 

ショートカットを作る方法

 

【File】>【Keymap】から「keymap.cson」を開きます。

このファイルに独自のキーの組み合わせを記述することで新たなキーバインドを追加することができます。

CSSのような記述形式で書くことができ、機能とキーを結び付けて自由にカスタマイズできるようです。

ただしキーバインドの重複は許されないので注意が必要です。

ファイル内にはコメントアウトで記述例があり、それに沿って記述すればよいので簡単に設定することができます。

記述例は11行目から19行目に書かれています。

書き方を真似て以下のコードをこのファイルの最後に追加します。

me
# 以下はコメントアウトです。

これでキーバインドの作成は完了です。

【Ctrl】+【A】で全範囲を選択して【Ctrl】+【Q】で素早くインデントの一括整形ができるようになりました。

 

有名パッケージ「atom-beautify」とのインデント幅の違い

 

崩れたインデントを整形するツールで有名なパッケージの1つに「atom-beautify」があります。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、このパッケージをインストールすると

【Ctrl】+【Alt】+【B】で全てのコードを整形することができます。

僕もインストールしてあるのですが、「Auto Indent」と「auto-beautify」はインデント幅が異なります。

C/C++言語のコーディングに限った話かもしれませんが、

「Auto Indent」 を使って整形するとインデント幅が半角2つ分であることに対し、

「auto-beautify」を使って整形するとインデント幅が半角4つ分となります。

一般的に C/C++言語のコーディング上のインデント幅は半角4つ分ですが、

僕は普段半角2つ分のインデント幅でコードを書いているので気になりました。

細かい話ですが一応参考のために書いておきました。

ではまた!

スポンサーリンク


ABOUT ME

yuk!

国立大学情報学科に通う大学生です。天然パーマと戦いながらすーぱーエンジニアを目指し技術とセンスを磨いています。 室内に引きこもりがちでヘビメタと猫と甘いものが救いのキーボードカチャカチャ生活ですが、最近はブログで文章を書くことが楽しいです。モットーは「 Who dares wins. = 人生是一箇,活殺全在我。」好きな言葉は「マジ卍」。