Windowsコマンドプロンプトで動かすAtom × JDK のシンプルなJava開発環境を作る!

スポンサーリンク

 

こんにちは!HELLO!您好!привет там ! 안녕하세요 !Hola !

最近、プログラミング言語 Javaの勉強を始めました。

Javaの文法体系はC/C++言語を参考に作られているため C++言語からプログラミングの勉強を始めた僕にとってJavaは比較的容易に学習できると考えました。

というか C/C++ をある程度学んでいれば容易にJava へ移行できます。

ポインタが扱えるか大域変数を使えるかなどを除いて基本的に同じですので。

ただ、濃い知識に関しては先輩に土下座をキメてマンツーマンで教えていただいています。

というかプログラミング関係のマニアな知識は今のところ教授より先輩にほとんど教わっている感じです。

あ。 基本的には教授のお世話になっております。いつも大変ありがとうございます。

 

教えていただくにあたり基礎学習ためのシンプルなJava開発環境を作りました。

使用ツールは以下3つです。

  •  JDK ( Java開発キット )
  •  Atom ( テキストエディタ )
  •  Windows  cmd ( コマンドプロンプト )

Eclipseのような統合開発環境ではなくJDKをインストールしてとりあえずテキストエディタと端末でシンプルにJavaの勉強を始めたい方にはオススメです。

私も統合開発環境は利用しますが、

文法の復習などで試験的にプログラムを書いて簡単な実験を行いたい場合はコマンドライン上でコンパイルして実行することが多いです。

コマンドラインでプログラムを実行したい方向けのチラ裏です。

  1.  JDKのインストール方法
  2.  環境変数「Path」の設定方法
  3.  プログラム作成 > コンパイル > 実行

の3点について書いていきます。

ほぼ先輩に教えていただきました。

 

開発キット JDKのインストール

JDKとは

JDKとは Java Development Kit の略であり Javaを使ってプログラムを開発するために必要な開発キットを意味します。

JDKはプログラム自体を開発するツール群に加え Javaで作られたプログラムを実行するための環境である JRE を含んでいます。

また JRE は Java Runtime Environment の略であり Java実行環境を意味し、JVMとリンカが結合する各種ライブラリなどから構成されています。

さらに、ここでJVMは Java Virtual Machine の略であり Java仮想マシンを意味します。

このJava開発キットは、Oracle社のホームページから無料でインストールすることができます。

普通 JDK をインストールすると包含されている JRE も同時にインストールされますが、

Javaを使って何かを開発するわけでなくただ Javaを実行させたいという場合は JREだけをインストールすることが可能です。

 

Write Once, Run Anywhere

JDKとJREはともに MS-Windows用、Linux用、Mac OS用などのプラットフォームごとに専用のものが用意されています。

一方で、「javac」コマンドによるコンパイルで生成される「バイトコード」のクラスファイルはどの OSの仮想マシン上でも実行可能です。

ちなみにクラスファイルの拡張子は .class です。

一般的にプログラミング言語によって作成したプログラムは特定のデバイスや環境下でのみ動作しますが、

Javaは一度プログラム自体を作成すればどこでも実行可能であるという Write Once, Run Anywhere を実現させています。

me

1991年にアメリカの Sun Microsystems 社が家電製品用ソフトウェア開発のために考案した言語が Javaです。

2010年にOracle社が Sun Microsystems 社を買収したことで Javaに関連する権利が Oracle社に渡されたという経緯があります。

余談です。

 

JDKのインストール方法

JDKのインストールは時間的に 8~10 分かかりますが超簡単にできますので安心してください。

JDK は Oracle社のホームページで配布されています。

ただ Oracle社のホームページ は当然英語で書かれていて規模も大きいので迷子になるかもしれません。

me

最近 日本オラクルのページがあることに気が付きました。

念のためここでは JDKのセットアップを直接ダウンロードできるページを紹介します。

 

まず Java SE ダウンロードページ にアクセスします。

ダウンロードページにアクセスしたら、以下の写真の赤枠のどちらか一方を選択します。どちらも結局同じページへリンクします。

Windows版の実行ファイルを選択してクリックします。最新版が更新されるとダウンロードするファイル名は異なりますのでご注意ください。

ダウンロードの処理が完了したら【実行】を選択します。

セットアップが起動したら【次へ】をクリックします。

【開発ツール】を選択したまま【次へ】をクリックします。

インストール先の変更が可能ですが、デフォルトのままで構いません。

me

このとき後の環境変数の設定時に参照するインストール先が C:\Program Files\Java\jdk-9\ であることに注意しておきます。

C:\Program Files\Java\jdk-9\bin に JDK の諸実行ファイルが格納されています。

 

JDKが全て正常にインストールされたことを確認したら【閉じる】をクリックします。

これで JDKのインストールは完了です。

 

環境変数「Path」にパスを設定する

環境変数を設定する前に javaコマンドをcmdに入力してみる

通常であればこの後すぐに環境変数「Path」の設定へ移りたいところではありますが、そもそも環境変数を設定しなければどうなるか試したことはありますか?

コマンドプロンプトを起動して確かめてみましょう。

まずは 「java」コマンドを入力します。

すると「java」コマンドのオプションの書き方とその説明一覧がずらっと出力されます。

me

「java」コマンドは「javac」コマンドでコンパイルして生成されたクラスファイルの実行時に使用します。

この一覧のオプションのなかに「-version」がありますが、このオプションは環境変数の設定ができたかを確認するためによく紹介されているオプションです。

実際にインストールした製品バージョンを確認すると以下のように表示されます。

 

それでは同じ流れで「javac」コマンドのオプションを調べてみましょう。

あれ?エラー文が返されましたね。なぜ「java」コマンドは実行できて「javac」コマンドは実行できないのでしょうか。

me

実は JDK をインストールすると、通常は非表示に「ProgramData」のディレクトリの中に「Oracle」>「Java」>「javapath」のディレクトリが新たに作られ「java.exe」が格納されるようになっています。

さらに、そのパス C:\ProgramData\Oracle\Java\javapath がシステム環境変数「Path」に自動設定されます。

したがって、環境変数に独自にパスを設定する前から「java」コマンドは実行できたわけです。

「where」コマンドを使って「java.exe」の格納場所を調べると確かに上記の場所に置かれていることがわかります。

 

一方「javac.exe」のパスは「Path」に自動設定されていませので「javac」コマンドは実行できませんし、「where」コマンドを使って場所を検索してもヒットしません。

ということは逆に「javac.exe」が格納されているディレクトリまでのパスも環境変数「Path」に設定すれば、晴れて「javac」コマンドを実行できるようになります。

では環境変数「Path」にJDKの諸実行ファイルが格納された「bin」ディレクトリまでのパスを設定しましょう。

 

ユーザ環境変数の「Path」に JDKのパスを設定する

環境変数を設定したことがある方は簡単に設定できると思いますが、

そもそも「環境変数?」という方は以下の記事をぜひ参考にしてください。

【Windows版】初心者のための!環境変数の基礎とPathの設定方法

2017.09.20

読むのが面倒な方は読まなくても大丈夫です。

興味がある方はどうぞ。

 

それではまず【Windows】+【Pause/Break】もしくは

【コントロールパネル】>【システムとセキュリティ】>【システム】から「システム」を開きます。

「システム」のパネルを開いたら【システムの詳細設定】をクリックして「システムのプロパティ」を開きます。

「システムのプロパティ」パネルにある【環境変数】をクリックして「ユーザ環境変数」のブロックの【新規】をクリックします。

ここで新たな変数を定義してその変数にパスを設定します。

変数名は「JAVA_HOME」とし変数値にはデフォルトインストール先の「bin」ディレクトリまでを指定します。

設定するパスは以下の通りです。

C:\Program Files\Java\jdk-9\bin

 

ただし赤文字部分は最新版によりディレクトリ名が異なりますので適宜変更してください。

 

me

特定のアプリケーションは Java を利用する際に「JAVA_HOME」を参照することがあります。

JDKが更新される度に「Path」を修正するようでは誤って他の環境変数を書き換えてしまう恐れがあるため1つの変数として用意します。

 

次にユーザ環境変数の「Path」に【%JAVA_HOME%】を追加して「Path」から「JAVA_HOME」を参照するように設定します。

%記号で変数名を囲み「Path」に設定するとこで、その変数値を参照するようになります。

 

設定が完了したら【OK】をクリックして全てのウィンドウを閉じて構いません。

これで環境変数の設定が完了です。



確認

コマンドプロンプトを起動して「javac」コマンドを入力すると、「Path」設定前はエラー文が返ってくるだけでしたが、設定後はオプションが出力されるようになります。

また「where」コマンドで「javac」のパスを調べてみると、しっかり登録したパスが返されます。

さらに「Path」設定前はデフォルトインストール先のパスが返された「where java」でしたが、「Path」設定後はパスが2つ返ってきます。

 

それでは Javaで簡単なプログラムを作って「javac」でコンパイルして「java」で実行してみましょう。

プログラム作成とコンパイルと実行

 

簡単なプログラムとして、プログラミング初心者が大学や専門学校などで初めて教えられる「Hello World」を作ります。

コンソール画面に「Hello World」と出力するお馴染みのプログラムです。

私が好きなプログラムの1つです。

 

ですがその前にまずはテキストエディタ「Atom」をインストールしましょう。

なぜ「Atom」かと言うと個人的にこのエディタが好きだからです。

既にお気に入りのテキストエディタがある方は無視してください。

宗教戦争は避けたいので。

 

Atom のインストール

早速テキストエディタ「Atom」をインストールしましょう。

すごく簡単です。

Atom公式ページで【Download Windows 64-bit Installer】をクリックしてインストーラの【保存】か【実行】を選択します。

私はインストーラを保存する必要が特になかったので【実行】をクリックしました。

【保存】した場合も保存を完了した後に実行を促されます。

インストールが実行されると次の画面が表示されるのでそっと待ちます。

私はアニメーションの様子がcuteでほのぼのしたのでずっと見ていました。

しばらくするとAtomが起動して次の画面が表示されると思います。

これでインストールは完了です。

 

「hello.java」プログラムの作成とコンパイルと実行

まずはコマンドプロンプトを起動してプログラムを置いておくディレクトリを作成します。

「mkdir」コマンドを使って適当な名前のディレクトリを作成し、「cd」コマンドでそこに移動します。

その後、プログラム名を指定しつつ「atom」を起動させます。

 

 

me

クラス名とプログラム名は同じ名前である必要があります。コンパイル時エラーになるので注意です。

プログラムを書いたら【Ctrl】+【S】で保存し、コマンドプロンプトに戻ります。

あとは「javac」でコンパイルし「java」で実行します。

「Hello World」がコンソール画面に出力されれば成功です。

 

おわりに

 

これで Atom × JDK のシンプルなJava開発環境をつくることが一通り完了しました。

あとは「Atom」の細かいカスタマイズを施してより使いやすいコーディング環境を整えていきましょう。

Java を楽しみましょう!

それではまた!

スポンサーリンク


ABOUT ME!

yuk!

国立大学情報学科に通う大学生です。天然パーマと戦いながらすーぱーエンジニアを目指し技術とセンスを磨いています。 室内に引きこもりがちでヘビメタと猫と甘いものが救いのキーボードカチャカチャ生活ですが、最近はブログで文章を書くことが楽しいです。モットーは「 Who dares wins. = 人生是一箇,活殺全在我。」好きな言葉は「マジ卍」。