Windows のコマンドプロンプトからアプリケーションを起動してみる。

スポンサーリンク

 

こんにちは!HELLO!您好!привет там ! 안녕하세요 !Hola !

Windows のコマンドプロンプトを使ったことはありますか?

これです。黒い画面です。

Windows ユーザの方はデフォルトのデスクトップアプリとしてインストールされています。

普段僕は大学のコンピュータでこの黒い画面を使って色々操作して勉強をしています。

自分のプライベート用PCでも是非これを活用していこうと思い最近遊んでみたのでメモしました。

とりあえず今日は非情報系学科の学生さんでもできるコマンドプロンプトからアプリケーションを起動する方法を紹介します。

できると単純にカッコいいからです。

 

予備知識

GUIとCUIについてです。

簡単に説明すると例えばパソコンでレポートを書くときに Word などを起動させようと思ったらショートカットアイコンをクリックしますよね。

 

このように、画面に表示したアイコンやボタンをマウスを使いクリックして実行命令を出す操作方式をGUI (Graphical User Interface) と呼びます。

一方でコマンドプロンプトなどを使い、文字だけでコンピュータに命令を伝えて処理する操作方式を CUI (Character User Interface) と呼びます。

命令は決められたコマンドを入力することで行います。

昔のコンピュータは電源を入れると真っ黒な画面が出てきてカーソルがチカチカしているだけで、コマンドを知らないと何もできないものだったらしいです 。

me

ちなみに Apple社が GUI機能をもつ MacOS を開発してからほとんどのコンピュータでもGUI機能が開発され始めたらしい。

下準備

コマンドプロンプトを起動させる

まずはコマンドプロンプトを起動します。

普段コマンドを使わない方はそもそもソンナモノがどこにあるかご存知ないと思います。

Cortanaさんに聞いてみましょう。大抵のことは彼女に聞けばわかります。彼かも。

【cmd】と入力して検索します。

コマンドプロンプトを起動させたら、次に使う時のためにタスクバーにピン留めしておくと楽ですので、アイコンの上で【右クリック】して【タスクバーにピン留めする】をクリックします。

以上がコマンドプロンプトの起動方法です。

 

拡張子の表示

Windowsではの諸ファイルの拡張子 ( .xxx ) はデフォルトでは表示されないようになっています。

僕は職業病?でファイルの拡張子が気になるため表示モードにしていますが、説明の便宜上またファイルの実体を素早く判断するためにも表示するように設定しましょう。

【エクスプローラー】>【表示】>【ファイル名拡張子】

 

アプリケーションの実行ファイルの場所を調べる

コマンドプロンプトでアプリケーションを起動するためには、その実行ファイルが格納されてるディレクトリを事前に知っておく必要があります。

またそのうえで、そのディレクトリまでのパスを手に入れる必要があります。あ。パスは経路のことです。

ただし環境変数にそのパスを設定してある場合は実行ファイル名だけ把握していれば十分です。

今回はほとんどの学生さんが所有していると思われる Word を例にコマンドプロンプトで起動しようと思います。

me

Word を所有していない方、もしくは他のアプリを起動したいという方も同様の手順を踏めば実行できますので Word 以外を対象にして結構です。

さて、アプリケーションのパスを調べる方法はタスクマネージャーを利用する方法をはじめいくつかあるのですが、

ここでは最も簡単だと思われる方法を紹介します。

 

ショートカットアイコンからプロパティを辿る方法

まず Cortanaさんに 「Word」 で検索してもらいます。

次にWordのショートカットアイコン上で【右クリック】>【タスクバーにピン留め】を選択します。

次に、ピン留めしたWord 2016のショートカットアイコン上で【右クリック】したうえで【Word 2016】の項目上で再度【右クリック】して【プロパティ】をクリックします。

すると以下のようなパネルが出てくると思います。

このショートカットに関連付けられている【リンク先】に書かれたパスが実行ファイルの場所です!

ここで【ファイルの場所を開く】をクリックします。

これでようやく実行ファイル名が判明しました。

WINWORD.EXE

 

これが Word の実体です。

あとはウィンドウ上部のパスを【左クリック】&コピーしてメモ帳などに張り付けておいてください。

 

 

実行ファイル名を把握してるい場合

上記のステップなど何らかの方法でアプリケーションの実行ファイル名が分かっている場合は where コマンドでその実行ファイルまでのパスを簡単に調べることができます。

以下のように whereの後にパスを調べたい実行ファイル名を入力します。

試しに Word、Excel、Power Point、メモ帳の場所を調べてみました。

実行ファイル名さえ判明すれば、次回以降はこのコマンドで簡単にパスを調べることができるので便利です。

 

コマンドプロンプトで WINWORD.EXE を実行する

コマンドプロンプトで実行ファイルを実行させるスタンダードな方法を2つ紹介します

  1. フルパスで実行ファイルを記述
  2. 実行ファイルのあるディレクトリに移動して実行ファイルを指定

以上の2つの方法について説明します。

 

フルパスで実行ファイルを記述

以下の手順に沿って実行してください。

  1. コマンドプロンプトを起動して、メモ帳に記録したパスを貼り付ける
  2. パスの後ろに ¥WINWORD を追加 ※ WINWORD.EXEでも可能
  3. パスをダブルクォーテーションで囲む
  4. Enter を打鍵

おなじみの Word が起動すれば成功です。

 

ちなみにダブルクォーテーションでパスを囲まなければエラーになります。

パスをよく見ると 「Program Files (x86)」や「Microsoft Office」などのディレクトリ名には空白が存在します。

この空白がエラーの原因です。

「空白のあるディレクトリ名」を含むパスを利用してファイルの実行を試みる場合は ” ” で囲み、全体で1つの実行命令であると明示して命令する必要があるようです。



実行ファイルのあるディレクトリに移動して実行ファイルを指定

コマンドプロンプトを起動して以下の手順に沿って実行してください。

  1. cd を入力した後にメモ帳に記録したパスを貼り付ける
  2. Enter を打鍵
  3. WINWORD を入力して打鍵

Word が起動すれば成功です。

cd は change directory を意味し、その後に指定したディレクトリに移動することができます。

実行例では WINWORD.EXE の実行ファイルがある「office16」のディレクトリに移動し、そこで実行ファイルを指定することで Word を起動したというわけです。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

意外と簡単にコマンドプロンプトからアプリケーションを起動することができました。

普段当たり前のように利用している Officeソフトの実体がどこに置かれているのかって意外と知らない人が多いのでこの豆知識は結構自慢できるかと思います。

あ。執拗にこの手の話をしていると嫌われるので注意です。

 

紹介した方法を使えば他のアプリケーションの実行ファイルの実体がどこにあるのかを知ることができます。

お時間があるときにお試しください。

 

あとがき

環境変数でパスを設定すれば、フルパスを指定しなくても1発で起動することができるようになります。

 

これだけで起動です。

【Windows版】初心者のための!環境変数の基礎とPathの設定方法

2017.09.20

スポンサーリンク


ABOUT ME!

yuk!

国立大学情報学科に通う大学生です。天然パーマと戦いながらすーぱーエンジニアを目指し技術とセンスを磨いています。 室内に引きこもりがちでヘビメタと猫と甘いものが救いのキーボードカチャカチャ生活ですが、最近はブログで文章を書くことが楽しいです。モットーは「 Who dares wins. = 人生是一箇,活殺全在我。」好きな言葉は「マジ卍」。